お尻の痩せる方法といえばスクワット!

スクワットをしている女性

スクワットと聞くと、マッチョな男性が筋肥大させるための過酷なトレーニングで、ダイエットというよりむしろ足に筋肉がついて太くなるようなイメージをもっている方も多いと思います。しかし、正しいやり方で行えばお尻が痩せる1番の近道になります。
重いバーベルを持ちながらひたすら体を上下運動させるだけが方法ではありません。非力な女性でも簡単に出来て、効率的に痩せる方法をご紹介します。太ももの筋肉、おしりの筋肉を鍛えて絞り込むことができるのはもちろんですが、足の付け根から上半身を安定させるために体幹を鍛えるコアトレーニングにもなります。腹部に力を入れて息を吐きながらすることで腹筋も鍛えられる効果があります。なぜスクワットで効果的に痩せられるのでしょうか。人間のからだの7割ほどの筋肉が下半身についているといわれています。
特に太ももの筋肉はいちばん大きな筋肉です。全身の筋肉のなかで太ももが多くを占めているのに加えておしりの筋肉をあわせて鍛えることが出来る上下運動で全身の筋肉量を増やし筋肉質な体を作ることができます。筋肉質な体=マッチョ=太いと連想してしまいそうですが、一般女性が少し頑張ってトレーニングを続けるぐらいでマッチョ体型にはまずなりません。格闘技のアスリートやボディービルダーは専門知識のもとで特殊なトレーニングをしてあのような肉体が出来上がっています。一般女性のトレーニングレベルでは脂肪が燃えて代謝がよくなる程度ですから体が大きくなる心配は要りません。
そして、筋肉の量が増えることがなぜダイエットに繋がるのか。それは代謝に繋がってきます。人間が生きていくためだけに必要なエネルギーを基礎代謝といいます。これは、ただ1日寝ているだけでも必要な消費エネルギーです。例えば基礎代謝が1,500キロカロリーの人なら、なにもしなくても1,500キロカロリー摂取しなければ痩せてゆきます。ただ人間は1日のなかで仕事したり家事をしたり運動をしたり、基礎代謝以外にもカロリーを必要としています。よく、ダイエットするなら1日平均このくらいのカロリーにおさえましょう、という基準がありますが、それはその年代の平均的な女性の1日あたりの消費カロリー(基礎代謝+運動エネルギー)を超えない程度に設定されているわけです。
当たり前のことですが、消費カロリーが摂取カロリーを超えれば体は痩せてゆきます。要するに基礎代謝が高いほど消費カロリーが高くなるわけですから、より痩せやすい体を作りたければ、基礎代謝をあげればよいということになります。基礎代謝は、男性のほうが女性より高く、体温が高い人の方が低体温の人より高く、表面積が広いひとのほうが狭い人より高く(つまり大きい人の方が高い)、筋肉質の人の方が体脂肪が多い人よりも高い、と言われています。男性の方が簡単に腹筋が割れたり、筋肉がつきやすいのも頷けます。
たとえば体重50kgの女性が2人いたとして、Aさんは体脂肪が25%、Bさんは20%の場合、Bさんの方が筋肉が多く基礎代謝が高いことになります。この場合、同じ体重でもBさんの方が痩せやすい体なのです。同じ体重でも筋肉量の違いで見た目にもだいぶ差がでます。AさんよりもBさんのほうが確実にすっきり痩せてみえるのです。ダイエットしたいとか体を締めたい場合は、まず太りにくく痩せやすい体質に変えなければいけません。炭水化物抜きダイエットや肉を抜くダイエットに走りがちな人は必ずリバウンドします。食事制限をするともちろん一時的に体重が激減します。それは当たり前です。筋肉がぐんぐん落ちているのですから。体重だけを測定すれば2キロ3キロ簡単におちるので嬉しくなりますが、中身をみたらほぼ筋肉だけが落ちているので体脂肪率はまったく変わっていなかったり、むしろ上がっていることさえあります。体を絞りたい、脚を細くしたい、お尻を痩せさせたい、ということであれば食事制限だけでは無理です。必ず運動を取り入れてダイエットしましょう。
それでは、スクワットの正しいやり方をご紹介します。まずは足を開いて真っ直ぐに立ちます。足を肩幅に開いたら左右にもう一足分ずつ広げましょう。左右の足は平行になるように固定します。その状態で一度かがんでみて股関節がうまくはまるかどうか確認します。問題なければその姿勢を基本フォームとして大丈夫です。その体勢から、ひざをつま先と同じ方向になるように曲げます。ひざが内に入ったり外に出ると傷める原因になるので注意してください。背筋が曲がらないように気をつけて、手は親指を上に上げた状態でグーに組みます。親指を握ってしまうと心臓に負担がかかります。腕は体の前に伸ばしましょう。ひざを曲げて下がるときはひざが90度に曲がるまで、か、お尻が床と平行になるくらいまで下げられるとかなり効果が上がります。ひざがつま先より前に出ないように気をつけましょう。これもひざを痛める原因になります。最初は、ゆっくり降りてゆっくり上がるを5回繰り返すだけでもかなりの下半身引き締め効果が見込めます。