太もものむくみを解消して痩せるには!

むくみの無い綺麗な太ももの女性

下半身太りに悩んでいるという人も多いのではないでしょうか。運動や食事制限だけではなかなかサイズダウンが難しいとされているのが、下半身太りの解消です。下半身太りの原因に合わせた対策をすることで効率よくサイズダウンをさせることが出来るかも知れません。太ももをサイズダウンさせる方法について紹介します。行なってもすぐに効果が出るわけではありませんが、毎日の習慣にすることで、無理なく続けることが出来るでしょう。
下半身はその位置関係からむくみやすい場所です。下半身へと行き渡った水分は本来であれば、汗になったり、リンパ管を通って老廃物と一緒に尿として排出されます。しかし、体外への水分の排出が上手くいかないという場合には体の中が水分過多の状態になってしまいます。その水分過多の状態となっているのが、むくんでいるという状態です。
体がむくむ原因としては、疲れや冷えがあります。体が冷えてしまうと、血行が悪くなってしまい、老廃物や毒素が上手く排出されない可能性があります。特に座りっぱなし、立ちっぱなしなどの同じ姿勢を取り続けている場合には、太もものむくみの原因となると言われています。むくんだ場合にはその日の内に排出させるということが痩せる方法としては基本となりますが、なかなか出来ないのが現状です。
一般的な痩せる方法としては、運動をしたり食事制限をするという方法がありますが、むくんでいることでサイズが大きく見えている場合には、このような痩せる方法では思ったような効果を得ることが出来ない可能性が高いようです。そこで、効率よく太ももを痩せる方法としては、むくみを解消するということです。そうすることによって効率よく痩せる事が出来ます。老廃物が溜まるのを防ぐことにより、老廃物と脂肪細胞が結びついて出来るセルライトの予防にもつながります。セルライトは一度出来てしまうと、除去するのが難しいとされています。そこで、痩せる方法のポイントは早めに対応をするということです。
痩せる方法は分かっても、なかなか続けることが出来ないという人も多いのではないでしょうか。その理由は様々ですが、時間がかかる、難しいという痩せる方法では続かない人が多いようです。そこで、簡単に太ももを痩せる方法はあるのでしょうか。最も簡単な方法としては、仰向けにネタ状態で椅子などにかかとを乗せて足を上に向けてのばします。このままの状態で5分以上寝っ転がるようにしましょう。寝る前にベッドの上で寝て、壁に足を預けるようにしても良いでしょう。そうすることで太ももなどの下半身に溜まった水分が循環し、血行が良くなりますので、老廃物が排出されやすい状況になります。
また、足伸ばし運動というのも効果的です。まず横向きに寝そべり、肩の下に肘をつきます。下になった方の足を真っ直ぐ伸ばしながら、上の足は膝を曲げて立てておきます。そして下側の足を床からゆっくりと斜めに浮かせます。この時は太ももの内側でぐっと押し出すイメージで行なうとより太ももに効きます。
いかがでしょうか?まずは気軽に出来るものから挑戦して、継続することを目標に取り組んでみましょう。

毎日続けることで効果が出る太ももの痩せる方法

痩せる方法には、いくつかのタイプがありますが、すぐに効果が出る方法とある程度続けなくては効果を実感することが出来ない方法とがあります。すぐに効果が出る痩せる方法は、効果が一時的であることが多く、すぐに元の状態に戻ってしまう事があります。その点、ある程度長期間続けることで効果を得ることが出来る方法は、効果は緩やかですが、すぐに元に戻るということは少ないでしょう。
毎日取り入れることで効果を得ることが出来る方法として、マッサージがあります。寝る前やお風呂上がり、時間のある時などこまめに行うようにすると良いでしょう。具体的な方法としては、まず、膝周囲をマッサージしていきます。特に膝の裏には老廃物が溜まっている可能性がありますので、下から上へとマッサージをしていくようにしましょう。そして、太ももを掴み、親指に力を入れて、膝から鼠径部に向けて老廃物を流していく様にします。
左右同じ回数を行い、最後に鼠径部を圧迫し、リンパ節を刺激していきます。痛みを感じるような部分やコリを感じるような部分については、強い痛みを感じるまで刺激する必要はありませんが、重点的に揉みほぐすようにしていきます。
すぐに効果を得ることは出来ませんが、毎日継続して行うことで、むくみの予防やリンパの流れを良くする効果を期待することが出来ます。そのままの状態では肌に負担を掛けてしまう可能性がありますので、必要に応じてマッサージクリームを使用するようにしましょう。
マッサージを行う際には、気になる部分だけではなく、全体的に行うことが大切です。マッサージの最後には、股関節や鼠径部を刺激することを忘れないようにしましょう。せっかく脚のマッサージを行っても、股関節や鼠径部が凝り固まっていては、そこで、老廃粒などがせき止められてしまいますので、注意が必要です。全体的にしっかりと揉みほぐすという習慣をつけるようにしましょう。なお、下半身の冷えは非常に自覚しにくいため、夏場でも下半身を触ってみて冷えているような場合には、冷え対策をしっかりと行うようにすることで、血行が悪くなることを防ぐ効果を期待することが出来るでしょう。