短期間でふくらはぎが痩せる方法の紹介

ふくらはぎのむくみをとるマッサージ中の女性

ふくらはぎが太いと服装を自由に選ぶことができないケースもありますし、気に入ったブーツを購入できないこともあります。
ふくらはぎが太いのは単に脂肪だけが原因ではない可能性もありますので、運動したり食事を減らすことが痩せる方法とは限りません。たとえば、むくみが原因の場合にはむくみを取り除く対策を講じることが一番の痩せる方法になりますので、まずはどのような要因によってふくらはぎが太くなっているのかを考えることが大切です。
むくみなら意外と早く効果が表れます。夕方になると誰でも足がむくんで靴がきつくなったりしますが、ふくらはぎも午前中よりは午後の方がむくんできます。これは、心臓から流された血液やリンパ液が体の先端の方で留まってしまうために起こることであり、長時間同じ姿勢を取り続けていることが多い人ほど起こりやすい現象です。
むくみは、体を動かすことで多少改善されます。一定時間が経過したら意識的に歩いたり、足をマッサージすることも有効です。短い時間でも足を高く上げておくと解消されますので、可能なら足上げを行うことも効果的です。
また、一日の終わりにふくらはぎを確認してみてむくみが酷いと感じたら、そのままにしてはいけません。むくみは慢性化することがあり、慢性化すると元の太さが分からないくらい、いつも太い状態になってしまいます。むくみに気が付いたら、お風呂の時間を有効活用して改善するように努めます。基本的にはマッサージをすることが重要であり、マッサージジェルを使うと老廃物の排出を助けることができます。
脚部分を痩せる方法としてむくみの解消は王道であり、多くの人に効きます。痩せる方法は他にも色々とありますが、もっとも短期間のうちに効果が表れるのはむくみ対策です。むくみを無くすことで痩せる方法は即効性がある分効果が持続しないという特徴もありますので、むくみ体質の人は日々のケアが必要になります。

むくみ対策では、マッサージだけでなく食事面で気を付けることも大切です。食事面というと長い期間をかけないと効果が得られないという印象が強いため後回しになりがちですが、むくみの場合は別で塩分摂取を少し気を付けるだけで気になる脚を細くすることができます。また、塩分量は適正でもカリウムの摂取が足りないと余分な塩分の排出が行えませんので、カリウムを含む野菜や果物を積極的に摂取することも重要です。
脚部分を痩せる方法を探しているのなら、まずはこのむくみ対策を考えてみることが大切です。むくんでいる自覚はないという人でも、対策を実践してみたら短期間で随分痩せることができる人も大勢います。特に一時的なむくみではなく慢性化していたら、長い間気付けていないケースもあります。

ふくらはぎの痩せには適度な筋力も大事

マッサージにより痩せたふくらはぎの女性

ふくらはぎが痩せる方法として、適度な筋力をつけることも忘れてはいけません。ここで言う筋力とは継続的な動作を支える方の筋力であり、突発的な動きをする際に使用される筋肉のことではありません。筋力をつけるには、やはり運動が必要不可欠なのですが、継続的な動作を支える筋肉を養うのは有酸素運動ですので、激しい運動を必要とはしません。ウォーキングのような緩やかな動きによって作られる筋力ですので、運動の苦手な人でも無理なくつけることができます。
筋力をつけるのは時間がかかるので億劫だと感じてしまう人もいるかもしれませんが、元々全く運動をしていない人ならかなり短い期間でも多少の筋肉をつけることができます。筋肉がつくのと同時に心臓から送られてきた血液やリンパ液を送り戻す働きが強化されますので、循環を改善することができます。この筋力をつけるという方法は痩せる方法の中でも着実な部類に入りますし、一度循環の良い体を作ることができれば太りにくくなります。
循環を高めて痩せる方法では大半の人が効果を実感することができますが、セルライト状になっている部分には効きにくいので注意が必要です。セルライト状になっている部分の痩せる方法は、強い力で脂肪を分解するように揉み解すことです。
少し痛いと感じる程度の強さで揉み解さないと、セルライト状にまでなってしまった脂肪を排出させたり燃焼させることができません。揉み解した後はその周辺をマッサージすることでより効率良く痩せることができるといわれていますが、基本的な運動を実践していて循環が良い状態ならそのままにしていても不要なものがどんどん排出されていきます。

ふくらはぎ全体が太いのではなく、内側の方だけに贅肉がついているケースもあります。その場合もやはり内側の筋肉を使うようにすることで痩せることができます。このタイプの人は歩く時に重心が両端に偏っていることが多いので、内腿を引き締めるような感覚で歩きます。
自分の脚の状態を細かくチェックしながらどのような対策が必要なのかを考えれば、自分にとってより効率の良い痩せる方法を探すことができます。細かな変化を知るには、日頃からサイズを測っておくことが大切です。